僕らはみんな河合荘(宮原るり)感想

ここ最近、立て続けに新しいマンガを買ってるから、昨日に引き続き感想を。

感想を書いた漫画を整理するページでもつくろうかなぁ。
まぁ、うまくレビュー書けるようになってからですかねー。

作品:僕らはみんな河合荘
作者:宮原るり
連載:ヤングキングコミックス・既刊1巻
評価:★★★★★★★☆☆☆


120108-1.jpg

Amazonさんで見つけて表紙買いをしましたー。

宮原るりさんの作品はみそララは知ってたけど読んだことなかったから、
いろいろとAmazonで評価見たら全体的に宮原作品は高評価だったので、
どんな漫画が全然分からなかったけど、とりあえず買っちゃいました(笑)


ストーリーは……。

親の転勤で「一人暮らし」をする事となった男子高校生・宇佐は「河合荘」という賄い付の下宿に住むこととなった。そこには彼にとって憧れの先輩である女子高生・律も住んでおり、充実した高校生活を送るはずだった。しかし河合荘には彼女の他に強烈な個性を持った住人がおり、宇佐は彼らに大きく振り回されてしまう。(by wikipedia)

です(笑)ありがとうwikipediaさん。

120108-2.jpg

まぁ、よくある設定ですよね。
ラブひなとか。古くはめぞん一刻とか。後者は読んだことないけど。

ラブひなとは違ってハーレム漫画ではありません。
変態な男とか、おやすい女とか、ちょい悪な女とか、軽い毒舌なおばあさんとか、
フツ―じゃない人たちが主人公を巻き込みながらワイワイやってる漫画。

120108-6.jpg

こんなカオス空間です。

いまのところ、宇佐⇔律の関係を進めることをストーリーの大きな柱としつつ、
かといってラブ系が多いんじゃなくて、9割方コメディ系です。
まったりした日常の中での笑いを描く漫画が好きだから、個人的にはピッタリ♪



そんなヒロインの律さん。

120108-3.jpg

宇佐の気持ちが分かる……可愛い……。

本が盛り上がってきて、立ち止まって。
でも気づいて歩き出すも、また立ち止まってしまって……。
上の5コマの動きがステキです。可愛いです。

本が好きってキャラいいですよねー。

誰に賛同求めてるのか謎ですが(笑)

120108-4.jpg

本好きキャラのテンプレ?通り、基本的には無表情が多いけど、
笑ったり、怒ったり、怖がってたりと、割とコロコロ表情が変わるとこがいいですね。
そんな律さんの存在が、この漫画の個人的評価を上げてる気がします(笑)



ちなみに……他の登場人物で言うと、変態のシロさんも意外と好きです。

アホすぎて。WORKING!の峰岸さんを思い出します。

120108-5.jpg

絵は無難な感じですかねー。下手ではないけど上手でもなく。
会話が多いからかな?ビミョーに読みづらさがあったりもします。
あと背景とか構図がそんなに得意じゃなさそうな感じ?
四コマメインだったからかもです。でも決して下手なわけじゃないですよー。

あ、でも律さんだけはとても上手です!………なんだろうこの評価(笑)


あとストーリーが何だかいつも律さんでオチつけてる感じが少し気になるかな?
まぁ、まだ1巻だしヒロイン押しでいいんですけどね。好きだし。

でもせっかくキャラ立ってる住民が、各キャラは濃いんだけどなんか薄い。
2巻がどんな感じか気になるところです……。
律さんを出してほしいけど、他キャラメインの話も少し織り交ぜて欲しいかな。



なんだかんだで今後に期待と言う事を込めて★×7の評価。

★×8までつけよーかなとも思ったけど、すこし荒削りな部分も多いし、
もう少し絵と構図が読みやすくなって、ストーリーが良くなってきたら、
本当に滅茶苦茶オススメする一冊になるかも……という潜在能力がある感じ。

少なくとも、今後絶対に買う単行本にはなりました。


2巻が今月末発売だそうで……かなり楽しみです……ぴかぴか(新しい)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245038896

この記事へのトラックバック

宮原るり 「僕らはみんな河合荘 1」
Excerpt: JUGEMテーマ:漫画/アニメ     個性の強い河合荘の住人となった宇佐君。   意見真面そうな律は、本ばかり読..
Weblog: こみち
Tracked: 2014-07-15 21:23