ボクラノキセキ考察vol.08 〜瀬々稜〜

【前世】??
【現世】瀬々稜

120211-1.jpg

ボクラノキセキ考察vol.08 〜瀬々稜〜

個別で人物考察をするのは瀬々でラストですかね。
意外と考察のネタになるようなシーンが少なかったりで短めです。
他にもちょっと気になる人物はいるので、そちらはまとめて後日。


■ 瀬々稜の前世は誰?

いろんなサイトで考察の中心になってる瀬々さん。
最新話では、非常にデカい爆弾が最後の最後で投下されましたね。

120211-4.jpg

120211-7.jpg

コピーかと見間違うほどの一致。

誰かに言ってる姿を見たわけではなく、ベロニカが「俺に」言ってるので、
このシーンを普通に読み取れば、瀬々=ユージンはほぼ確定です。

別の誰かに、ベロニカが全く同じことを言っていた可能性は残りますが。
例えば、もし瀬々がゼレストリアの人だった場合、
「姫様お逃げください!」 → 「私はこの城を守る!」
という会話の流れは自然にありそうなんですよね。

あまりにあからさまな伏線回収のシーンなので、
逆にミスリードを誘おうとしているんじゃと思ってしまうんですよね〜(笑)


まぁ、上のような可能性があるとはいえ、
瀬々=ユージン王子というのは確実なんじゃないかと思います。



■ 本当に前世の記憶を完全に取り戻していないのか?

ストーリー上では、前世の記憶の一部は取り戻しているけれども、
自分が誰なのかは分からない、という状況なのが瀬々。
個人的には本当に記憶を取り戻しきっていない状況だと思ってはいますが、
ところどころ記憶に関連する部分で気になる所があったりします。


(1)ベロニカ・グレンの関係性は知っていたのか?

記憶が完全ではない瀬々に対して、これで判断しても微妙かもですが、
瀬々はベロニカ・グレンの関係についてどこまで知っていたのか?
七浦が言うように、これを知ることで少し判断材料になるのかなと。

で、カラオケ会議で恋人の関係じゃないと判明したシーンがコチラ。

120211-5.jpg

この反応としては2つのパターンが考えられます。

1.ベロニカ・グレンの関係どうこうの意味自体が分からない

七浦式判別法だと、ベロニカ・グレンの関係自体を知らないという事は、
瀬々はモースヴィーグの人だということになりますね。
瀬々=ユージン王子だったとしたら一致します。

逆に、これを知った時の反応がノーリアクションだったのが気になります。
モースヴィーグだったら元井と同じような反応をしても良さそうなんですよね。
(一番最初にカラオケに集まった時のお会計時ですね)


2.なぜ元井が驚いているのか分からない

捻くれて考えてしまうと、元井のほうをみて「?」となっているし、
目黒・都築と同様、ベロニカ・グレンが恋人同士ではないことを知っていて、
素でこんなような反応をしてしまった……というパターン。

ただ、この場合は、この後の会話でベロニカ・グレンのことについて、
上と一致しないような反応をしているので、辻褄が合わなくなるので、
自分の素性を隠しているという前提になってしまいますが。


(2)瀬々と広木の会話

こちらは、上でも取り上げた広木との会話でのシーン。

120211-4.jpg

広木と会話した時に、ベロニカについて語っているシーンですが、
もし瀬々が記憶を取り戻していて、それを隠しつつ過ごしているのなら、
こんな自分の素性がバレるようなヒントを出さないと思うんですよね。


この会話の内容について、皆見が広木から知ることになったら、
瀬々の前世が誰か?ということも分かってしまいますからね。
瀬々は皆見=ベロニカだと知っているわけですし、
もし瀬々が隠そうとしているなら、そんなアホなことはしないと思います。

個人的には、このシーンを見て、
瀬々は本当に記憶を取り戻してないと思いました。


(3)気になる繋ぎ方

これはもう雰囲気だけの考察と言うのも恥ずかしい内容ですが……。

120211-6.jpg

七浦が従うしかない「あいつ」が、瀬々なんだと言わんばかりの流れ(笑)

率直に言えば、記憶が戻っていないという瀬々は怪しいとこ満載ですが、
冷静に考えてみれば、七浦の黒幕が瀬々であったなら、
瀬々から七浦に「皆見=ベロニカ」ということは伝わってるはずですし、
「ベロニカ会いたい」と黒板に書かせる理由が全く分からなくなります。

もしかしたら、何らかの理由があっての動きかもしれませんが、
やはりそのあたりは理論立てて考えると少しおかしくなるんですよね。
なので、七浦と瀬々は繋がっていないんじゃないかなとは思います。



広木との会話、七浦との関係、また諸々の反応などを考えると、
やはり瀬々は前世の記憶を明確には思い出していない、と個人的には思います。

上岡は前世の記憶がない象徴として、
瀬々は前世の記憶に捉われない象徴として、
今後のボクラノキセキを進めていくんじゃないかなと。


ただ、やはり瀬々はユージン王子であるとは思うので、
このままずっと記憶がもどらないということはないかなと。
本人は嫌がってますが……瀬々は大きな鍵をにぎるだろうなぁ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251762683

この記事へのトラックバック