ボクラノキセキ #36 感想&考察

140716-01.jpgボクラノキセキ #36 感想&考察
※未読の人にはネタバレになるので注意!

なんだかんだで更新できずに、気づけばボクラノキセキだけのブログに(笑)
最近はゲームは全然ですが、新しい漫画は読んでるので書きたいけど時間がなぁ…。




36話は広木&グレンの話まとめから、次への大きな事件になりそうな瀬々襲撃まで。

思ってた以上に、考察通りの部分が回想になってたので、
違う意味で驚きつつ、いろいろ明確になったので整理出来てきました♪
(ちなみに分かりやすいように順番を入れ替えつつ感想書いてます)



いきなりのグレンのお話しへ。

初登場?のバルト・グレンの父親+兄君(長男?)

140716-02.jpg

140716-03.jpg

父親が不在の間に、ステラと警備員が不義を働いたとでっち上げて、
ステラ・グレンを追い出してしまったドルゲルグ。

安定したステラ・グレン嫌いっぷりですね。
もう1人の兄は、ドルゲルグに反対はしないものの、
そこまでステラ・グレンに嫌悪感を抱いてるって雰囲気でもなさそう?


でも、なんでドルゲルグはそこまで……?

140716-04.jpg

うわー…これは……いろんな意味で複雑な心境になるなぁ……。

31話でステラは「奥様は良くしてくれた」的なことを言っていましたが、
恨む…まではいかなくても母親が悲しんでいたのは間違いなく、
ちょうど多感な時期っぽい年齢で母親を失ったこともあって、
ドルゲルグがステラを憎む気持ちはすごーく分かるなぁ……。

というか、こういう明確なシーンを見せられると、
31話のステラのシーンの印象がかなーり変わってきますね。
http://www.talesyotsuba.com/article/374940905.html#more


正直……ドルゲルグはやりすぎな感じがすごーくありますが、
ドルゲルグの好感度UP、ステラの好感度DOWNな回でした…。



さて、そんなドルゲルグの追い出されたステラとグレン。

140716-05.jpg

同じくらいの年齢に絡まれるグレン。

こんな発言を聞くと、やはり貴族の息子として育っているものの、
「跡継ぎ」として厳しく接してもらわずに、
甘やかされてた?的な雰囲気がまだ幼少の頃はあったんですね。

140716-06.jpg

この一件で「力」を求めるようになったグレン。

グレンにとっては、転機になった事件だったようですね。




そして、広木が記憶について語りだす……!

140716-07.jpg

前話の考察で書いた通り、
中学1年4月に記憶が戻り始めたようですね。



140716-09.jpg

そして、このシーン。

周りを観察してるような雰囲気が漂ってるなぁと思ってましたが、
やっぱり記憶がある状態での周りの反応を見てたんですね。


そして……なぜ「バルト」の名前を騙ったのかがついに……。

140716-12.jpg

「いっそ死んでくれれば良かったのだ」 byドルゲルグ
「貴方は死ななければならない」
「お前を殺すグレン」


最初は兄のドルゲルグで残りの2つは別々の人物だけど、
男か女か誰に言われたのか分からない……とのこと。



ただ、相手も転生していたら殺しに来るかもしれない、
だから怖くてグレンと名乗れなかった……あれ?若干予想と違う……。

いや、3つの言葉は前回に初めて出てきたワードなので、
考察してたことが違ってても、仕方ない……仕方ない……(笑)



そして、西園宅からの帰り道での広木&御堂。

モトにも言わないけれど、皆見=ベロニカだったら、
絶対にグレンを殺す事はないだろう…ということで、
皆見には言ってもいいんじゃないか?と提案する御堂。

140716-16.jpg




140716-17.jpg

この拒否の仕方は……


140716-18.jpg

140716-19.jpg
140716-20.jpg

うわぁぁぁぁぁ……ですよね……。

ちょっと飛ばしつつ上で紹介しましたけど、
今までのいろんなところの回想が入ってて、すっごい複雑な気分になります…。


「どうしろって言うんだ今さら 今さらこの想いを」

の所が、完全に男口調(グレン視点)になってたり、

「ベロニカ様に愛していると」(グレン)
「王女に直接言え!」(リダ)


の前世シーンの次に、皆見・春湖と広木・元井の対峙シーンが出たり、


この演出はズルいです……。

七浦もいろいろとあるとは思うんですが、
前世に一番翻弄されてるのって広木な気がしますよね…。
グレンの時からも含め、不憫すぎて…何とか良い結末にして…久米田先生…。



あと、やっぱり皆見=ベロニカはあのシーンで、
うっすら気づいていたんですね……。
あとは回想シーンだけだと、広木→皆見ってよりも、
グレン→ベロニカの想いが、かなーり入ってる感じでしたね。

グレンとリダの回想シーンも入ったことから、
春湖のことを気にかけてるのは間違いなさそうですし、
私の考察も、ぴったり当らずとも的外れではなかったのかな?





そんな広木・御堂のもとへ皆見からお電話。

140716-21.jpg

前話の時に目黒の顔に出来た傷跡の件のお電話ですね。

新しい事実が判明したってことで、皆見たちと合流する事に。

140716-26.jpg

確かに、突然知らない傷跡出来てたら驚きますね〜。
「ええっ」がツボに来ました(笑)

あと、髪を伸ばしてたってのはやっぱりそういうことだったんですね。
1つ1つに意味を持たせてるのは、さすがに久米田先生です。

140716-27.jpg

ユージンにリュカにその他の人物含めて、
傷跡がこれから少しずつキーになってくる可能性が。

今の所は「傷跡」しか言及されていなかったりもしますが、
リュカ=山田みたいに「黒子の位置」とかも気になる所。


140716-28.jpg

そして、このフラグ……絶対に傷跡がバレそうな予感が(笑)

広木の知らない間に、春湖が左耳の傷跡を見つけてしまって、
広木=グレン?と悶々とするような展開になりそうな……。


広木もですが、春湖もグレンのことを中心に、
次から次へと心配事が出てきて……可哀想です。。。



そして、今更ながらこのシーンの会話が言及される…?

140716-29.jpg

手嶋野と皆見は、このシーンについて会話してたし、
広木の発言から皆見がその場のみんなに対して、
瀬々=ユージン王子?の事を伝えるかもですね。

というか、ユージンのこの発言について、
誰がどのタイミングで会話してて、誰が聞いてたか覚えてない…。
また読み直して確認しないと…!



さて、一方のそんな瀬々くん。

140716-23.jpg

黒髪の西園から、少し話したいとお誘いが…そして……。


140716-24.jpg

予想もしてなかったのか……反応できない瀬々(笑)

周りの女の子たちから見られていたことに気づいて、
黒髪の西園が(この呼び名でいいのかな? 笑)
瀬々をカラオケボックスの外に連れて行きます。


そして…ついに…。

140716-30.jpg

って……思いっきり一般人がいるところでやるの!?

完全に女の子に魔法の存在ばれるだろうし、
外でやるって周りから見られかねないし……。

七浦かなーり、その後の影響考えずにやりすぎじゃないのかな?

知り合い同士ならまだしも、変な噂が出てきたり、
twitterで「魔法キター!」的なことされたら、
とんでもない騒ぎになるような…(笑)



高尾が良く使う魔法と同じ系統の魔法攻撃から身を隠すため、
女の子の手を引っ張って裏路地に逃げ込む瀬々。

140716-31.jpg

いつも、のほほんとしてるだけの印象でしたけど、
いざ自分が戦い?の場に身を置いた時は、
結構しっかり動けるんですね〜。

女の子を引っ張って守ろうとしてる姿はかっこいい!
瀬々を見直しました…やるときはやってくれますね^^


140716-32.jpg

そして、最後のこの表情……。

いよいよユージン王子の記憶を思いだすのかな?
表情がすごーくそれっぽいですね。


いままで、のんびり&のほほんとした表情ばかりだったけど、
こういうときの瀬々の表情は新鮮で…ラストはすごく良かった!



広木=グレンが判明して、それがまとまった後は、
立て続けに、瀬々=ユージンが明らかになっていきそう。

今のところ知ってるのは、皆見・手嶋野・高尾・大友の4人ですね。
七浦の瀬々襲撃が落ち着いて、瀬々が前世の記憶を取り戻して、
手嶋野がそれを皆見に電話する流れで、
皆見も広木・御堂・目黒には伝えるかもですが、
それがなかったら、さすがに皆見も広木たちには何も言わないかな。



広木=グレンは今回の話でいったん終息っぽいですね。

今回で、傷跡は前世から引き継ぐというのが、
皆見たちにも共有されてますし、
次で動きがあるとすれば、広木の左耳の傷跡がばれた時かな。


次からは瀬々側で大きな動きがありそう!

個人的には瀬々がどうなっていくかも気になるものの、
一般人が思いっきり見てる中での魔法使用を、
どう収めていくのかがすごく気になります……。


間に10巻発売があったからか、今回は久しぶりって感じでもなかったですが、
次は9月か…また長いですね……。
それまでに、最近読んだ漫画の感想でも書きたいなー。



この記事へのコメント
アップありがとうございます。広木、瀬々回に興奮しました。瀬々が魔法見るのは初ですね。表情がユージンだし、王族固有の何魔法使うのか気になります。
手嶋野も来るだろうし、七浦もいるから、王子確定になりそうですね。いいところでおわるので、気になって仕方ないです。
Posted by みい at 2014年07月16日 23:05
初めまして。初めて書き込みします。
感想&考察、いつも面白く読ませて頂いてます。

私も広木が大好きで、彼女についての考察など凄く参考にさせていただきました。広木=グレンは判明したけど、まだまだ隠している事がありそうな感じだったり、前回の転生のやり方など考えると「お前を殺す、グレン」辺りは誰が言ったのかわかっていそうな雰囲気で、ドキドキしてしまいます。

そういえば、謎解きとはあまり関係ないですが、今回の「好きという思い」の表し方は面白いな、とも思いました。

西園のもう相手がいなくて伝えられない「好き」と、広木の相手はいるけど今更どうすればいいのか分からない「愛している」と、黒髪の西園の前世と全く関わりなく今の瀬々に伝えられる「好き」と、三者三様で。

そうやって考えると、前世の記憶がない方がしがらみがなくていいのかな、とか色々思ってしまいました。特に今回の件での西園の心情を思うとかなりいたたまれないなと思います。好きな人の転生の可能性を自らの手で潰してしまったようなものだし。トラウマになるんじゃないかとちょっと心配です。

はぅ、人様のブログで語ってしまいました。長くなってすみません。
お忙しいと思いますが、また更新を楽しみにしています。
Posted by ひなき at 2014年07月18日 23:38
考察感想、いつも楽しく読ませて頂いてます。
私の中では、すでに正ヒロイン=広木なので、なんとか幸せな結末をむかえてほしいと、色々考えてしまいます。
例えば、
今までの流れでは、グレンは姫に思いを伝えられなかった、と見るのが自然ですが、
実はグレン告白→姫もグレンを意識する→死亡 でお互い忘れているとか・・・。
そうなると広木の正体判明+二人が思い出したときに、今度は春湖、広木、皆見間で昼メロばりな三角関係に突入・・・。
いや、春湖ファンには刺されそうな妄想ですが。

まだまだ過去情報は明かされていない部分が多いので、さらに二転三転に期待してます。
Posted by わんこ at 2014年07月19日 00:41
こんにちは。
更新おつかれさまです。
2か月がこんなに長いとは〜〜〜〜っ、ていうくらい待ち望んだボクラノキセキ。

しかし、広木が可哀想すぎます。
家族のこと、姫のこと、そして転生後の皆見&春湖のことなどなど、報われない広木(グレン)が憐れです。
モトあたり(なんていうと失礼ですが)はどんなことがあっても広木を裏切らずに守ってくれると思うので、広木にも幸せが来ますようにと願ってます。
皆見はだめ(春湖好きなんで・笑)

私の勝手な推測ですが、『お前を殺す、グレン』と言ったのはベロニカではないかと。
確か魔法で殺さないと転生できないんですよね?なので、やむを得ず、ベロニカが魔法で止めを刺したんじゃないかと。
それも、グレンから願って。
「貴方になら殺されてもいい」とか言いそうだなあ・・・・なんて(笑)
『貴方は死ななければならない』と言った人物は、そういう口調で思いつくのはリュカかな?(妄想しすぎですか?)

ユージン王子が好きなので、早く出てきてほしいです。次回の展開が気になって仕方がありません。
9月は遠いですねえ。。。。
Posted by 弥生 at 2014年07月21日 13:30
こんばんは。

今回もいろいろと動きがありましたね。
悠の心情も見えたし、また誰かに言えずにいたことが話せたのってとても大きいと思います。
一人で抱え込むにはあまりにもつらいですもんね。
この2人が悠にとっていつまでも味方でありますように。

さて黒髪西園さん、なかなか積極的ですね。
益々百花とかぶるところが…。

瀬々は魔法を使っちゃうのか、それともギリギリで手嶋野がきて守るのか。
でも一般の人に危害ってわけじゃないけど危ない目にあわせそうになったことで、さけていた前世組と積極的にかかわることになるんですかね。
どうなんでしょうか。

とりあえず私も今月はコミックスのおかげで遅く感じませんでしたが…。
次は長そうです。

でもここまで話が進んでいるんだから黒幕はどこかにすでにでてます…よね?
また新しい人がでてもなぁ。
Posted by はる at 2014年07月28日 20:27
みいさん


言われてみれば、初になるんですね!
散々魔法の描写があるから、失念してました…(笑)

完全にユージンの表情の中で、
ベロニカみたいな特殊な魔法が出てきたら面白いですね〜。
よくありそうな魔法を消す…とかだと、
実質ベロニカの下位互換ですし気になりますね。

広木回は違った意味?で凄く良かったですけど、
瀬々回は続きが本当に楽しみです…。
手嶋野の行動や、一般人にどう説明するか…とか。

早く続き読みたいです!^^
Posted by 四葉 at 2014年07月30日 19:08
ひなきさん


初めまして〜!拙い文章を読んで頂いてありがとうございます。
いつもの通りコメントのお返しが遅くてすみません…。


そうなんですよね。広木まだまだ隠し事がありそうで…。
まず、皆見や春湖との前世を含めた複雑な事情は伝えてないですし、
まだグレンとしての記憶は秘密にしてる部分がありそうですよね。

例の3つの言葉や魔法を覚える作戦の時の発言とか、
意味深な発言も、まだかなーり残ってますし…。


前世の記憶を取り戻してる2人と、全く関係ない1人の対比が、
あまりにも格差がありすぎて、
いまのところ恋愛系では何一つ良いことがない感じが…。


西園は本当に凄い後悔の念をずっと抱えてしまいそう。
助けられなかった事に加えて、転生させられなかった事とか。
広木の方も、もし現世として皆見のことを好きな部分があったら、
前世の想いも、現世の想いも伝える事ができない状況は、
報われなさすぎて悲しすぎる……本当に一番救済されて欲しいです。。。


心理描写が丁寧過ぎて、
本当にこう可哀想に思ってきてしまいます><

男勢はその辺、さっぱりしすぎてますね(笑)
Posted by 四葉 at 2014年07月30日 19:20
わんこさん


こんばんわ〜。いつも返信が遅いブログで申し訳ないです><

正ヒロインというか主人公というか……。

今まで、越えられない壁?があった春湖好きな私的にも、
広木はここ最近並ぶくらい好きになってきました。

本当に幸せな結末を迎えて欲しい……。
個人的には現世として、広木が皆見のことを好きってのは一切なくて、
無事にグレンとしてベロニカに想いを伝える事が出来た、
って形にしてほしいです…じゃないとホント春湖も可哀想な事に…。


皆見、春湖、広木の全員が幸せな感じにして欲しいですよね…。
心理描写が丁寧なボクラノキセキで、しかもこの3人で、
三角関係は見せて欲しくないです…心苦しすぎて(笑)


二転三転どころか、十回位転がっちゃいそうですが、
そこがボクラノキセキの良さなので、今後に期待ですね!
Posted by 四葉 at 2014年07月30日 19:26
弥生さん


お久しぶりです。すみません><
更新は早いのに、返信がいつも停滞してしまう四葉です。


広木が可哀想すぎて本当に一番幸せを願っちゃいます。
一番落ち着くのは、わんこさんのところでも書きましたけど、
実は皆見本人の事は好きじゃない……なら良いんですが(笑)
今までの好きっぽい描写も、ベロニカへの…と解釈できなくもないですし。

個人的には意外と御堂が良さそうなのかなーと。
モトと……恋愛関係が芽生える広木の姿が想像できないです(笑)




「お前を殺す、グレン」

は私も同じくベロニカかな?と思いました。
ベロニカを守る為に重傷を負ったグレンを、
転生させようと考えて、ベロニカが言ったのかな?と。


「貴方は死ななければならない」

は口調から、神官っぽいですよね。
私もリュカか、もしくはカルロかな?と思ったりしてました。
モースヴィーグ側で「貴方」といいそうな人はいないですし。


ユージン王子側の描写がここから増えそうなので楽しみですね^^

ベロニカにイライラしながら、何となく認めてる感じで、
たまにおまけ漫画で登場する2人のやりとりとか、
私も結構ユージン好きなんですよね〜。

今回の、瀬々の表情で瀬々もかなり好きになっちゃいそうです(笑)



………9月は本当に遠いですねぇ……。
Posted by 四葉 at 2014年07月30日 19:37
はるさん


こんばんは〜。コメントありがとうございます^^


西園も御堂も、ずっと広木の良い味方になってくれそうで、
本当に良かったなーと思います。
この3人での行動とか、今後増えそうで楽しみです。

告白の返答のときのことがあってモトに言えないでしょうけど、
そうは言っても、相変わらず主軸ストーリーに絡んでこない、
モトが違った意味で可哀想で……逆に怪しく見えたりも。



黒髪西園さん…早く自己紹介しないと、
ずっとこの名前で言うしかないのが……(笑)

ボクラノキセキの欠点?の1つかなーと実は思ってるのが、
かき分け?が上手く出来てない所がたまーに……。

実は一番最初に読んだ時に、上岡と春湖の区別が若干しづらかったり…。
黒髪西園さんは、本当にそのままですし…(笑)



瀬々の魔法は凄く気になりますね。

ここで、皆見の時みたいに特殊な魔法を使っちゃって、
それを手嶋野・七浦に見られるという流れがありそう。

個人的に一番気になってるのは、黒髪西園さんに思いっきり見られてるのを、
どうまとめていくのか…さすがにあの魔法攻撃は、
誤魔化しようがないし…実は前世の関係者とかにするのかな…?



黒幕になりそうな人が無数にいるのが困る所ですね…。

前世組にいるのか、先生や渡邊とかそれ以外の人なのか、
あまりに絞り込める材料が少なすぎて、
広木=グレンの時とは違って予想しか出来ないですね><


ホントにまだ、あと1カ月半もありますよ!長いですよね……。
Posted by 四葉 at 2014年07月30日 19:49
こんばんは。

黒髪西園はお友達が「華音が告った」って言ってるので華音ちゃんですね(^^)

あと、今のところ華音&その他一般人は直接魔法は見てないっぽくないですか?
うまいこと瀬々の後ろに隠れてたり後ろ向いてたり…
身長差もあるし、上からの魔法の時もいきなり引っ張られてるので足元みてるみたいですよね
「立って立って立って」のとこだけは微妙ですが…
音と爆風は感じてますがごまかそうとすればごまかせそう

ただ、おじさんが外に出てこようとしてるので七浦がもう一発魔法撃ったら見られちゃいますが…

今回は新たな事実があまりなかったのではやく続きが読みたいです(><)!
Posted by ぽんず at 2014年07月31日 23:55
ぽんずさん


コメントいつもありがとうございます^^

確認不足で完全に見落としてました…!
これでようやく、黒髪西園と言わなくてすみそうです…(笑)


直接視認はしてなかったような感じでしたよね。
ただ路地に逃げ込んだあたりからはかなり怪しいですが。

それに…音に爆風に……普通に考えたら誤魔化しようが無さそうな。。
「爆弾が〜」とか言い出したら、違う意味で大事件になりそう(笑)
いっそ、華音ちゃんが前世の関係者だった、
的な感じにしてくれた方がすんなり納得は出来そう…かな?


外が騒がしいのは中まで聞こえてるみたいですし、
おじさんが外に出るのをとめて、
手嶋野だけ外に出てくるのも少し難しそうですし、
ちょっとどう展開されるか予想できないので、
本当に次が気になります!ホントに早く続き読みたいですね><

Posted by 四葉 at 2014年08月02日 14:06
こんばんは。遅くに失礼します。
初めまして。
四葉さんの感想と考察が大好きで、二年程前から通わせて頂いています(*^^*)

突然にすみませんが、某掲示板で知ったのですが、グレンが追い出されていた時に会った少年はリュカっぽいそうです︎
よく見ると彼の左目の下にはホクロがあり、何だか感激してしまいました。
お互いが再会した時、その事を覚えていた又は思い出していたら。
リュカは覚えていそうかもです。
もしあの少年がリュカだったとしたら、彼にも色々あったっぽくて妄想のしがいがあります(笑)

そしてグレンの事なのですが、私の想像でしかないですが、彼はゼレストリア王家の落し胤な気がします…。
さすがにベロニカの実兄or異母兄ではないと思いますが、王家の血を引いているのではないかと思います。
ステラは王族の妾または恋人で、相手の王族はその関係がバレないように、ステラを予めフレデリク氏の”恋人”として守ったのではないかと思います。
そして、後にその王族との間にグレンが産まれた、と。
広木の言っていた「私が本当は誰の血を引いているか」がどうしても気になって。
これは母親(ステラ)よりも父親の事を言っているっぽく聞こえました。
また、バルトが亡くなる際に思った、グレンに『生きて どうか』に続く言葉も気になります。
ステラが”タンク”だった件も無視した、本当に突拍子もない妄想ですが、どうなんだろうと気になります。

そして、話は変わりますが、華音ちゃんは前世の関係者であってほしいな、と思います。
絶対無いとは思いますが、ユージンの弟君とか…。
死因は描かれていませんでしたが、病死や事故死の際も王族は最期は魔法でトドメというか、そのような事をされるのかは定かではないですが。
亡くなった時期も、華音ちゃんの学校も違うので、やっぱり前世関係無いかもですが(>_<)
3巻の38,39ページにいるゼレストリアの一般兵達(ペーターもいますね)もピックアップされているので気になります。

ボクセキは本当に気になり出したら止まらないですよね︎
周りに、本誌まで読んでる友達がいないので、この場をもって語らせて頂きました。
長々とすみません。

これからも四葉さんの感想・考察を楽しみにしています(*^ ^*)
来月のWARDが待ち遠しいです。

Posted by 寿 at 2014年08月14日 00:16
四葉さんこんにちは♪

36話に関係ないですが、9巻を読んでて現世に転生したメンバーで疑問点があります>_<

あまり登場しませんが、女子生徒の榎本さん。

前世はコーデリアと名乗っていますが、アデルとニーナが城から逃げる際に、血を流して死んでいるコーデリア(ピアスなし)を見つけています。使用人だからあとで誰か魔法で殺したのはなさそう…
絵では顔の紅潮がわからないので微妙なところですが…( ´ ・ω・ ` )

あと榎本さんは、黒板に書かれた「ベロニカ、会いたい」を1番初めに見たと言った人なので、自分で書いた可能性もありますよね…

なかなか登場しませんが、どーなんだろ?と思う一人です>_<
Posted by スキマイ at 2014年08月25日 10:56
こんにちは。
先日書き込みをさせて頂きました寿です。
今更気づいたのですが、『グレンが王家の血を引いている〜』事に関して、既に35話でコメントを書かれている方がいらっしゃいました。
その事に気付かず、書き込みをしてしまいました。
恥ずかしいです。
更に、ペーターが逃げているシーンについても、何度も述べられていましたね。
先にコメントを書かれていた方々に不快な思いをさせていましたら、申し訳ございませんでした。
これからコメントを書かせて頂く時は、以前同じ内容でコメントを書かれている方がいないか確認してから書き込みするように気をつけます。
本当に申し訳ありませんでした。

明日はWARDの発売日ですね。
四葉さんの感想・考察楽しみにしています(*^^*)
Posted by 寿 at 2014年09月15日 08:02
寿さん


すみません!すっごく返信が遅くなりました。1ヵ月も…。
昨日のコメントで、1ヵ月前にも入っていた事に気づいて…うわぁぁぁ…。


あの少年リュカなんですか!?
これは、今日最新話を買いに行く前にチェックしないとですね(笑)
という事は、一応リュカはゼレストリア出身という事になるっぽいですね。
あんな幼少時代なのに、割と事情通?な感じまでに成長するのは、
どんな流れで神官になっていったのかが気になりますね。



コメントが重なってるのは全然お気になさらず〜。
わざわざコメントまでして頂いてありがとうございます^^

広木の「私が本当は誰の血を引いているか」発言は、
やっぱり「?」が出る部分なので気になりますよね。

いま、ぱっと思ったのは広木=グレンが事情を知ってたら、
兄妹?になるかもしれないベロニカに対して、
恋愛感情を持つようになるのかな…という疑問が!

そこを考えると王様直系って感じはなさそうかな?
ただ、何かあるっぽい気配は凄く漂ってますが(笑)



まだ、今日発売の本試買ってないので、
華音ちゃんが、あのあとどうなったかが凄く気になります…!
前世関係者だったら面白そうです〜^^
ただ…クラスメイト以外にまで広げると、
もう際限なく前世関係者が増えそうなので、
考察する側?にとって非常に困ることに(笑)

一般兵も同じく気になりますね。
誰も転生してない所とか特にどうなってるのかな…と。
ゼレストリアだけでなくモースヴィーグもそうですし。
一般兵と騎士見習いや使用人の違いが見当たらないので、
何かしら事業がありそうで……この辺りも今後注目ですね!


今日は午前中に買いに行けそうなので、今から本試が楽しみです!

また、のんびり感想書きます〜♪
Posted by 四葉 at 2014年09月16日 09:27
スキマイさん



こんにちは!かなーり返信が遅くなってしまってすみません><

榎本さんは気になる一人ですね。
地味に、いろんなところに犯人候補みたいな形で登場してますし。

コーデリアのシーンは私も注目して読んだ記憶があります!
絵だけだと、顔の紅潮まで分からないんですよね〜。
ピアスは死んだときはつけていたけど、
兵士にとられてしまった感じだったので、
転生の条件次第ですけど、死ぬ際にピアス所持でOKなら、
他の人と違わないのでギリギリセーフ?かな…と思ったりしてました。

まだ、本編に絡んでないクラスメイトが、
このまま脇役で終わらないのがボクラノキセキだと思うので、
榎本さんとか、他のみんなもどうなるかが楽しみです!


「ベロニカ、会いたい」の部分まで考えていませんでした…!

コーデリアシーンは結構気にして読んでいましたけど、
榎本さんの動きを読み直してみると、新しい発見がありそうです……。



が……とりあえず、今日は本試を読みます!(笑)

いよいよ、瀬々&華音がどうなったかが読める……><




Posted by 四葉 at 2014年09月16日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。