ボクラノキセキ #50 ネタバレ感想

151201.jpgボクラノキセキ #50 ネタバレ感想
※未読の人にはネタバレになるので注意!

思ったより50話記念的なのはなかったですね〜。前回が怒涛の展開でしたが、今回は割と抑えめ?なんだかんだで、相変わらずボクラノキセキの感想オンリーブログと化してますね(笑)





前回のカラオケ会議で、ベロニカ黒幕説&グレン裏切り説がでて、部屋の中が騒然してからの続き。

誰が最初に声を上げるかな?というのは、何となく予想していましたが広木でしたね。どこまで記憶が戻っているかは謎ですが、自分自身が裏切者と言われているし、名前を騙っているバルトとしても否定しておかなきゃいけない内容ですからね。ドルゲルグがグレンを怨言と憎悪を注ぎ続けていたことや、それを士官学校時代の友人が知っていることを説明。オーブリー=都築、コットン=七浦もそれに同意します。


そして、それに続いたのは大友。

大友
それに阿部 お前今朝 内通者は参謀の「息子」だと言ってただろう


矢沼
グレンは参謀ドルゲルグの弟じゃなくて息子!?


広木
バカ言うな!


矢沼
バカ!?


大友
そうじゃなくて!グレンは「弟」だし アリファルドの一人息子もあの城の者ではない


大友が言う通り、これは阿部が登校時に言ってたことなので疑問に思ってた部分なんですよね〜。この息子と弟の違いで考えられそうなのは3パターン?

@単純に「息子」と「弟」を間違えてた
阿部が「どっちでもいい」と言ってる通り、単純に伝達ミスか何かで誤った情報が伝えられていただけで、特に重要な部分ではないというパターン。ただ、ボクラノキセキ的には「そんな理由でした」はないような感じがするんですよね。しっかり、その異なっていた理由があるというか……。

A参謀の息子はリオーグ・アリフォルドのこと
モースヴィーグ襲撃の際に、リオーグ・アリフォルドが秘密裏or公式に城を訪れていたパターン。城の話には関わっていないのに、前世の話になると時々登場していたのも、実はその時に来ていた……というのはあり得るかなーと。個人的には一番可能性高い感じもしますが、そうなった時に「裏切り」という表現が正しいかが悩ましいですが。モースヴィーグ側とアリファルドは同じ陣営っぽいので……。

B実はグレンはドルゲルグの息子
年がそこそこ離れてるように見えるものの、実際の年齢差が分からないので不明。ただ、せいぜい10歳差くらいに見えるので、さすがにないですかね。前世話で、辛く当たってるようなシーンがあったのは、周囲に悟られないようにするための演技だった…とか?


そんな広木の話だけでは全員が納得したわけではなく、何となくベロニカが悪者になってしまいそうな雰囲気が出てきた時に、大友が「カルロ・リュカ・ゲイル司教がモースヴィーグ襲撃を知っていた」という事実を打ち明けることに。大友としても、ベロニカ一人が悪者になるのを阻止したかったんでしょうね。

そんな怒涛の事実・告白続きでいろんな人が、いろんな反応を…。


菊池

貴族と権力者のコマだったんじゃないかと非常に反発するような反応。確かに使用人や侍女たちにとっては、単純に巻き込まれたって感じですしね。菊池は皆見=ベロニカということも知ってるので、皆見の発言に対しても、少し棘がある感じでしたね。


山田

大友が教会が事前に知っていたという事実を話している時に、西園・山田のワンカットが入って、西園は少し汗をだしながら不安そうな表情でしたが、山田は汗一つ出さずに警戒してるような、見定めるような表情でした。イメージ的には、ここでは多少どうなるのか不安そうな顔をしそうな感じでしたが、かなりキリッとしていて、個人的なイメージと違ったので少しだけ違和感を感じました…。


榎本

大友の発言の後に「……そこまで知っててなんで?」という発言とともに、表情がちょっと怖かったのと、一端カラオケ会議が休憩になった時に、不審そうな目で大友を見ている感じが、いろいろ怪しいというかなんというか……。立場的には榎本=コーデリアはゼレストリアの侍女なので、襲撃を事前に知っていた教会を不審に思う気持ちは分かりますが、ちょっとピックアップされて表現されてる感じは気になりましたね。


日野

こちらも休憩の前に、汗?を書きながらちらっと大友を見てる姿とか、いつも通り意味深な感じが……。


休憩に入ったところで、皆見は仁科と一緒にトイレで少し話の続きを。

仁科
ユージン王子が世界の脅威…つまり あの光りの魔法の使い手が王子自身かもしれないって事……


皆見(発言なし)
ユージンの魔法…! …使おうと思えばこっちでも使えるって事…!


仁科
その辺りの事は…思い出してない?魔法使うための『言葉』とか 供物が何なのかとか


明確な証拠がないなかで、ここまで言及されると……逆に違うんだろうな〜と思ってしまいますね(笑)ただ、かなり特殊な魔法のようですし、光の魔法が使用された際に、ベロニカは城内にいた様子は描かれているので、その他の重要人物と言えばユージンであるのは間違いないんですよね。

あと、「言葉」が目立つような書き方がされてたのは気になりますね。今までに、そんなようなことのヒントが出たりしてたんですかね?「供物」の方だったら、過去に王族の血というキーワードは出てましたけど、言葉というと、パッとは出てこないですね〜。



そんな話を聞きつつ、皆見が前世のことを思い返しながら整理すると、グレンについて一つ思いだしたことがあるようで……。

グレン
バルトにも言ってないんです


皆見
…これか…?


ちょっと分かりにくいですが、描かれたシーン的には、過去に前世の話で、ベロニカが座り・グレンが窓枠にもたれかかってるシーンのタイミングっぽいですね。供物の説明で、へその緒がどうって時の場面です。

「バルトにも言ってないんです」が一体なんなのか謎過ぎますが、かなり以前からグレンは何か秘密を持っていて、それをベロニカには伝えていたっぽいですね。グレンが、王太子側なのかドルゲルグ側なのか分かりませんが、何らかの政治的な役割を帯びていた可能性もありそう?



そして休憩に入ったタイミングで、野球部組がカラオケに到着。
すると後ろから声が…


??
あー野球部じゃーん!えー ぐーぜーん!!


いつも長谷部・福島と一緒にいる、金髪・黒髪の二人組。名前が初登場で「金田」「能登」と判明しました。ちなみに明示はされてませんが、会話の雰囲気的には金髪が金田、黒髪が能登っぽいです。

そして、予想通りの長谷部・福島と金田・能登の遭遇。
皆見、仁科、手嶋野、瀬々、御堂、元井、目黒、長谷部、福島、金田、能登がロビーに集まっちゃった感じですね。とりあえず手嶋野あたりは二次被害を避けるために、すぐに引き返して他メンバーを部屋に留めておくように動くのかな?

そしてタイミング悪すぎるこの状態をどう誤魔化すのか…?さすがに長谷部・福島に任せるとは思えないので、皆見がどう言い訳をつくるのか……。

もういっそのこと、変に誤魔化さずに全て説明しちゃった方がいいんじゃないかと思ったりしますね。以前から長谷部・福島との関係性については描かれてたので、上手く誤魔化せなかった時に二人が可哀想ですし、しっかり説明して理解・口止めが出来るなら、別に問題ない感じもしますしね〜。20人近くいる様子を見てもらえれば説得力ありそうですし、前世の関係者じゃないけど知ってるというのは上岡という前例もいますしね。


あと……過去にもつけてたかもですが、金田さんのネックレスが広木……バルト・グレンがつけていたものに似てて……まさかのバルトなんじゃないかと疑ってしまいました。上みたいな流れで状況説明をしてる時に記憶が戻ってきて、その場には広木がおらず、「え?なら広木は?」みたいな展開になると、ますます場が混沌として、話としては面白くなりそう(笑)



前回同様、次はどんな話になってくの?というのが気になる終わり方……個人的には、今回名前が明らかになった金田さん・能登さんは、ちょこちょこと以前から登場してましたし、何となく前世組だったらいいなぁと思ったりしてます。怪しかった渡辺はまだしも、そんな気配がなかった阿部もいきなりでしたし、可能性としてはなくはなさそうですからね。

5月は新刊発売もありますね〜。私はいつも通り、通常版・特装版買います^^
この記事へのコメント
初コメントです。
ずっとblog読んでいました。

見当違いかもしれないですが、私釜ずっと引っかかっているシーンがありまして。
広木の回想で、グレンの母親が今際の際と思える様なシーンです。
何かものすごく重要なことをグレンに伝えたのかな、と2人の表情とモノローグから感じて気になっていました。
その時思ったんですが、素性のわからなかったグレンの母親は実は王族だった。
グレンも王族の血をひいている。
光の魔法はグレンの血(グレン自身が供物)でベロニカが発動させた?と。
王族だけが使える魔法、というキーワードもありましたし…。
そこにきての、最近の展開なのでどうなのかな?と思っています。
グレンは個人的にはベロニカ側のスパイでは、と…これは願望もありますが…。
無理がありますかね?
Posted by よもぎ at 2016年05月01日 20:39
よもぎさん


コメントありがとうございます♪

おぉ……個人的に一番ピッタリくる考察でした!グレンの母親とグレンのシーンはしっかり見なきゃなと思いました。

よもぎさんの考察で、私も一つ気になってた部分があって、ベルバニア家の当主が「高潔」といいつつ、「下賤の者」と呼ばれるような人物に手を付けちゃうのかな…と。国王から頼まれて、ベルバニア家の当主が引き取ったのかな?と思ったりしました。

あとは広木が「誰の子か」的な発言もしていましたし、そこも少し引っかかってたので、それも含めて何となく一番納得できちゃう感じです!
Posted by 四葉 at 2016年05月09日 09:54
すごいです!
なんだか深いですね〜〜。
よもぎさんや四葉さんの言葉を頭に入れつつ、最初から読んでみようと思います。

そろそろ、あやしいと思っていた人たちも何か話してくれるんですかね。
大友が切り出してくれるといいのですが…。
ちょっとずつではありますが話が進んでくれると助かります。

正直、阿部がでてきたことでへんな方に進んでるのかなと思ってたんですよね。
でも、あの会合きっかけで新しい事実がさらにでてくるのかな。

ところでコミックスの特典でましたね。
私はいつもこれを見て 限定と通常の購入先を決めるのですが 今回はなかなかですね。

個人的には上岡とベロニカがちょっと意外でしたが。
他は関わりがあるのでなんとなく納得だったのですが。
でもどれもじっくり見てみたいなって思いました♪

私は手嶋野ペーパーの為に紀伊国屋へとでかけてきます。
(限定は特典知る前にアニメイトで予約しましたが)

四葉さんはもう予約されましたか?
Posted by はる at 2016年05月09日 18:58
はるさん


うわっ!コメントいただいていたのに気づいておらずすみません><

まだまだ怪しいような人たちが大量にいるのが困るんですよね〜。高尾や手嶋野、ある意味心理描写が多い七浦あたりはいいものの、身近にいる人で心理描写がなかったりすると怪しく見えちゃうんですよね(笑)

コミックス特典……羨ましいです><

実は私は地方なので、特典がある書店が近くにないんですよね……。アニメイトも1時間近くかかるという……。そもそも特装版が売っていない時もあるので、ここ最近はAmazonで両方買っちゃってる感じです><

Amazonでも特典つけて欲しいです……。

Posted by 四葉 at 2016年06月12日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック