ひまわりさん4巻 / 師匠来店(菅野マナミ)

131110-0.jpg書く時間があまり取れなくて、最近買ったマンガレビューが、気づけば1ヶ月遅れとかに(笑)

「ひまわりさん」は新刊見たら、即決購入する感じのマンガで、地味に結構お気に入りの作品。気づけばもう4巻なのかぁ…。

続きを読む


ホリミヤ4巻 / ついにあのイベントが!(HERO×萩原ダイスケ)

131101-0.jpgほんの少し前に発売したホリミヤ4巻。進藤とか井浦が表紙かなーと思ってたら、まさかの組み合わせ+堀さん2回目登場でビックリ。

しっかり発売日に購入して読んで、「ついに来たか!」というあの話まで収録されてて、相変わらず良いところで止めるなぁと…ある意味感心な4巻のネタバレ感想。
続きを読む

赤松健の新連載「UQ HOLDER!」

1230828-1.jpgほぼ1カ月ぶりの更新…お久しぶりですあせあせ(飛び散る汗)
いろいろ書きたいことが山積みになってるので、主にマンガ関係のレビューを中心に、今日からまた更新するぞー!

そんな中、今日のマガジンで新連載が始まりました。ページめくったら、いきなりのエヴァ登場で超テンションあがりました(笑)
続きを読む

めだかボックス 第174話「嘘が嫌いなんだ」(球磨川さんの巻)

いろいろ書きたいけど時間がない。
時間がある時まで待ってると、もう来週話になってる。

なので、声を大にして伝えたい事だけ短めに書いちゃいます!!

121212-2.jpg

121212-4.jpg

球磨川さん!ステキ!!

本当にめだかボックスで一番好きなキャラだな〜。
完全版大嘘憑きの復活も良いし、その後の不知火への発言もさすがだし、
何より新しいスキルのお披露目シーンとか凄く雰囲気出てるし……。

球磨川さん回だけ、本当に凄くテンションあがるんですよね(笑)

ちょっとだけ残念なのは、凄く楽しみにしていたもうひとつのスキルが、
大嘘憑きに合成されちゃって、なんだかよくわからない感じだったこと。

安心大嘘憑きというくらいだから、
なかったことをなかったことにできる、感じの能力っぽいですしね。
(というか、じゃなかったら人吉消滅……)


何にせよ、球磨川さん回になるはずの来週が楽しみです!!

みそララ 6巻(宮原るり)

普段は、ずっと連載しているのを購入or立ち読みしていた漫画を買うか、
ぼーっと本屋に行って新刊でてるのに気付いて買うかどっちかなんですが、
ほとんど立ち読みもせず、久しぶりに発売日を待ち望んでいた単行本♪

008.jpg

というわけで、買ってきました「みそララ6巻」

いろんな意味でこの漫画は楽しみにしてるんですよ〜。
宮原作品が単純に好きなのと、テーマやら何やらが好きなんですよね。
テンポや笑いだけじゃなく、内容もしっかいしているし。
1巻だけは表紙に異常な違和感ありですが……オススメです♪

010.jpg


5巻ラストで新たに入社したヒロちゃんさん。

5巻まで新入社員はいなくて社内は固定メンバーだったから、
ちょっと新しい風?が入って良い感じですー。
まだ、ヒロちゃんメインの話はなくて馴染み具合が薄いので、
穀物トリオに負けないように、7巻以降も期待してます。

005.jpg


そんな新入社員が加わったマース企画が、
全員で挑んだイベントのお話が6巻の中心。
トラブルあり、トラブルあり、トラブルありのドタバタ運営…分かります(笑)

詳しくは6巻を買って読んで〜。

007.jpg


そしてラストは「ついに来たか…」という感じの展開へ……。

009.jpg

忘れるんかい……!?

と思わずツッコんでしまいました(笑)
7巻からちょこちょこっと、そういう話も盛り込んでいくんですかね〜。
展開的には好きだけど、みそララはそれ中心にして欲しくない気も……。
そのあたりは恋愛ラボにお任せして、お仕事話メインでお願いします!



四葉オススメ漫画の「みそララ」ぜひぜひ読んでみてくださーい。

008.jpg

このコマが気に入り過ぎました……左右のどっちかに貼ろうかな(笑)


ジゼル・アラン 3巻 感想

ジゼル・アラン3巻の細かい感想は後日書き直します。


……面白かった!

かなーり久しぶりの最新刊発売だったので、
改めて1・2巻も読んじゃいましたけど、
やっぱり、こういう雰囲気の漫画は好きですね〜。

120702-1.jpg

4冊買ってきました。

というわけで、近くの書店に行って漫画4冊買ってきました。

発売日をチェックするのも面倒なくらい連載中の作品を買ってるので、
たまーに書店に行っては「あ!出てる!」という感じで買ってるんですよね〜。
今日は続き2冊と表紙買い2冊の合計4冊を選びました!

120428-1.jpg

「GIANT KILLING 23」
「将国のアルタイル 10巻」
「東京ボイジャーレコード」
「かきかけとけしいん」


GIANT KILLING は言わずもがなですね。
スポーツの中では一番サッカーが好きなんですけど、
ただいま連載中のサッカー漫画の中では一番好きな作品です♪
もちろん、毎週木曜日にコンビニに行ってモーニングを立ち読みしてます(笑)

将国のアルタイル はこのブログではあまり紹介したことがないかも?
いろいろ突っ込むところはある内容だったりしますが、
政治・戦争・調略などなどは読んでいて面白いですよ〜。
立ち読みまではしませんが……続巻が出てたら迷わず買ってます。

東京ボイジャーレコードかきかけとけしいん は読み切り作品。
雰囲気の表紙にひかれて、ついつい表紙買いをしてしまいました。
どちらも1巻でまとまる内容で描かれていて、
内容としても個人的には好みだったので満足です。
この2つなら、かきかけとけしいん、のがオススメですかね〜。



本当は、読切作品の2つの感想を書こうと思ってたんですが、
今日は時間がなくてかけなかったので明日どちらかの感想書こうかなと。
久しぶりの表紙買いだったけど良かったなぁ〜♪


最近読んだ漫画紹介(紅・ユーベルブラット・げきぶの。)

自分は本屋さんで表紙買いをするので、
さすがに「読みたい」と思うような漫画が少なくなってきて、
ちょっとここ最近は新作を読んでないような気がします……。

そんな中、最近読んだ漫画のみなさんをご紹介〜。
個々の細かいレビューはまたそのうち書くので簡単にぴかぴか(新しい)


120417-1.jpg

ジャンプスクエアで連載中の紅。

表紙の絵が好きな雰囲気で、前から気にはなってたので、思い切って全巻買っちゃいました(笑)
藤崎竜とか好きなんですけど、なんだか雰囲気似てません?
もともとはスーパーダッシュ文庫の小説なんですね。買うまで知らなかった……。

揉め事処理屋の紅真九郎と大財閥の娘の九鳳院紫を中心としたお話。
基本的には日常ドタバタ&バトルの繰り返しという感じでしょーか。

師匠?に敵や味方などなど魅力的なキャラが揃ってて、
話の流れも嫌いじゃないので、大人買いしたことに満足した作品でした。


ただ、ちょっと気になるのが2つ。

1.キャラクターの女性率が高すぎる。
まぁ……元が小説で、こういう漫画ならしょうがない……のかな。
にしても、主人公以外の主要人物はオール女性。しかもみんな激強。
仕方はないかもだけど、他の漫画に比べても特に顕著だったので。
最近終わった、某魔法使い漫画より男性がいない気が……(笑)

2.若干ワンパターンなオチ
なんだかんだで黒幕?の人が読めてしまうんですよねー。
それぞれの〇〇編が短く、新しい登場人物が少ないのもあって、
結局「あぁ、やっぱり」な展開が多いのは確かですね。

そんな感じで上の2つは結構気になったりはしましたが、
絵の雰囲気は好きだし、ストーリーも割と好きなので、
引き続き新刊が出たら迷わず買う漫画でした♪



120417-2.jpg

WORKINGのおまけ漫画がついてるビッグガンガンの表紙で、
前から気になっていた漫画なので読んでハマった漫画・ユーベルブラット。
最新刊11巻が出てたので読みましたー。

こっちは絵は逆にそこまで上手くないのが正直なとこです。
下手ではないんですけど、なんか顔がのっぺりしてる?

ただ、雰囲気と話の展開がステキですぴかぴか(新しい)

戦争・政争・歴史が絡み合うようなストーリーは好きで、
ある程度、背景部分も考えられてるので面白いですね。
いまのところ、戦闘中心だったんですが、
最近は、少し政争の部分も絡んできたので結構好きなマンガです♪

なんだか少し雑というか……大雑把なとこが気になる所。
もうちょっと、背景や話が緻密だと更に良いんですけどね……。


120417-3.jpg

これまたWORKING!!絡みで購入した4コマ漫画・げきぶの。

うーん、正直に言うと少しイマイチでした。

4コマ漫画らしい4コマ漫画かなとは思いますが、
なんか勢いだけで笑わせようとしてる感じが漂っていて、
思わず笑っちゃうようなのがないですかね……。
絵は下手ではないんですけど、4コマでは何だか違和感がある絵かな?



紅とユーベルブラットはそのうちレビュー書きたいですね。

そういえば、今週のジャンプのニセコイが相変わらず斜め上の展開でしたね。

鍵とキズの件スルーですか……気づかないのおかしいでしょ……さすが(笑)




HUNTER×HUNTER 334話「完敗」 ネタバレ感想

今週のジャンプは全体的に少し残念な感じもありましたが、
ハンターハンターさんだけは、いつも通り輝いていましたねぴかぴか(新しい)

ONEPIECEの頂上決戦編の時も毎週毎週がすごく楽しみだったけど、
最近のハンターハンターはそれに匹敵するくらい楽しみだなぁ〜♪


HUNTER×HUNTER 334話「完敗」 ネタバレ感想

ハンター会長選挙がいよいよパリストンvsレオリオの一騎打ちになり、
最終投票の前に、パリストンがレオリオに質問したところから再開。

会長になったら何を?組織編成はどうするつもり?緊急動議を発令いたします。

何やら時間稼ぎ?をしはじめたパリストン。
勝利を確信しているチードルがイライラし始めたころ、突然会場後方の扉が。

120206-2.jpg

うわぁぁぁぁあぁぁ!!

なんか久しぶりの登場すぎて顔が変になってないかゴンさん!?(笑)

それにしても……無事元通りになりましたね〜。
姿形は完全復活ですが、念能力などがどうなったのかが気になる所。

また、キルアは一緒にはおらず、
キルアが直したことはゴンに秘密にしているらしいので、
一段落したら、キルアとの再会へと向けてストーリーが動き出しそうですね。


それを見ていたチードルさん。

120206-3.jpg

うーん……敗北を無理矢理こじつけてないかなぁ?

元々、レオリオが会長をする動機=ゴンを直すため、という訳でもないですよね?
いつも本人はイヤイヤながら演説に立ってる様子だったし、
立候補する動機も何も、降りれないから残らざるを得なかった流れだったはず。

あと、レオリオを後押しする理由が消滅したってのもイマイチ理解できないですね。
だって、レオリオを後押ししてるハンターの理由は「ゴンを直す」じゃなくて、
「レオリオの将来性」を感じて後押ししてるんじゃないのかな??
単に自分が読み間違いしてるだけなのかもですが……少し違和感。


何にせよ、展開の流れ上、パリストンが会長になる雰囲気ですね。

そんなパリストンですが、いままで不気味なだけな存在でしたが、
完敗を認めたチードルとの会話が……かっこよかった……会長任せるぜ(笑)


「一体…いつから こうなる事を予測して動いていたの?」

というチードルの問いに対して、パリストンはこう答えます。

「ジン…さんが 立候補するって言った時ですよ」

120206-4.jpg


「ボクはジンさんを敵として信頼しています」


120206-5.jpg

かっこいいと思ってしまったのは自分だけではないはず……。

今まで不気味100%だったパリストンだったけど、
このシーンで好感度が300倍くらい上がりました(笑)

ジンもそうだったけど……パリストンも凄いよなぁ。
パリストンの念能力者としての実力は全然分からないけど、
ストレートに策略をたてるチードルと比べると、一枚も二枚も上手ですね。


それにしても、今後パリストンは敵としての役割になるんでしょうか?
念能力を持った蟻、ジンが語るXデーなどなど、
パリストンが今後何かを仕掛けるフラグは出てきてますし。

そうなると、今までみたいに単純に力vs力という感じではなくて、
こういった頭脳が求められるシーンが出てきそうで、凄く楽しみです♪



そして……ついにこの時が!

120206-6.jpg

会場に閉じ込められたときに「ヤバイな」と言っていたのは、
ジンもこうなることを予想してたからなんでしょうね。そんなに嫌か(笑)

来週、どんな会話を繰り広げるかメチャクチャ楽しみです!!




でも、ハンターハンターの最終回どうするつもりなんだろ??

ゴンの目的ってジンを見つけ出すことだから、
来週が最終回なんて滅茶苦茶なオチはさすがにないと思うけど、
ここからどんなストーリー展開をするのかが気になるところです。

・ジンが言うXデー
・ゴンとキルアの再会
・相変わらず行方不明なクラピカ


この辺りは、今後メインストーリーになりそうな伏線ですよね。

まだまだハンターハンターは続くと思いますが、
なんだかんだでハンター協会の上層部も総出演したし、
だいぶ終盤って感じにはなってきましたよね〜。

とりあえずクラピカさんの再登場を早く希望します。



僕らはみんな河合荘2巻 ネタバレ感想

僕らはみんな河合荘2巻 ネタバレ感想 ★★★★★★★★☆☆

120203-0.jpg

すごく待ちました!!


というわけで、僕らはみんな河合荘の2巻の感想です。

たまたま1巻買ったのが最近だったから、2巻まですぐだったけど、
今さらですが僕らはみんな河合荘って月刊誌ヤングキングアワーズに連載してるから、
単行本の発売の期間が長いんですよね。うぬぬ。

とりあえず毎月立ち読みにはいこうと思います。ハイ。


新キャラも登場したり、ますます可哀そう?な2巻の感想。

1巻は河合荘メンバーの紹介回という感じでしたが、
2巻は宇佐くん&律ちゃんの親睦回という感じでしたね。

僕らはみんな河合荘 1巻の感想

120203-1.jpg

!?

いきなり謎のテンションの律ちゃん。カエルが良くお似合いです。

時たまキャラ崩壊するよな……と思ってたら理由はコチラでした。

120203-2.jpg

1巻でもテンションがおかしい時ありましたもんね。

テンションがおかしな律ちゃんの様子から、
何やら明るくて面白そうな本を読んでいるんじゃないかと気づいた宇佐くん。
なかなかこういうところは目敏いですよね。

正に「律ちゃん=本」という感じなので、
これが「本」という繋がりから少しずつ交流が増えていく始まりでした。

120203-3.jpg

本の感想を聞きたくて……そわそわそわそわ……。

本が好き → 本が読みたい → 周りに邪魔されたくない → 一人がいい

という律ちゃんだから、本について語り合う友人もいなかったみたいで、
自分がのめり込んだ本を読んでくれている宇佐くんが気になって仕方ない様子。

どこまで読んだか気になって聞いてくるところとか、
宇佐から本の感想を聞いて、違う感覚?感じ方?を知って喜んでるとことか。
いいですね……律ちゃん。本好きなので分かります。うん。

※私は漫画だけ読んでるばっかじゃないんですよ(笑)



話は変わって……痴漢が出るというお話に。

120203-4.jpg

本に集中しちゃう律ちゃんは危ない!ということになり……。


女子ひとりだからダメなんだよね?

帰り道の途中でよく宇佐くんと会うよね?

カエル時間そうズレてないってことだよね?

だから……


120203-5.jpg

宇佐くん!良かったね!

帰りが一緒になるシーンは頻繁に描かれていたけど、
「ごめん 待った」みたいなシーンはお初かな?おめでとー。

そんな宇佐くんの感想。


そういえば今日ベスト来てないな

肩ほそ…… 白い首に汗が…… あー触りたい……


120203-6.jpg

うん。危ない。離れろ変態。

それを完全スルーする律ちゃんが面白すぎる。今いいとこ(笑)

一番最初は宇佐くんをうっとおしいような感じで見てたとこもあったけど、
1巻最後のほうから大分信頼?というか認めるようになってきたって感じですね。
「本読んでていいですよ」ってのが良かったんでしょうね。
自分の好きなもの・ことを認めてくれて、それを尊重してくれた感じが。



宇佐護衛がしばらく続き、しばらくしたら痴漢が捕まったという情報が。

しかし……実は痴漢は2人いたようで……!

120203-7.jpg

今 いいとこ(笑)

図書館からの帰りみたいで、読みたい読みたい感が溜まってたんだろうなぁ。
というか、痴漢というか……露出狂ですよね、コレ。

無事、河合荘メンバーが助けに入って事なきを得ましたが、
どう考えても危ない律ちゃんに注意をする宇佐くん。

120203-8.jpg

痴漢に全く気付かなかったので何も言い返せない律ちゃん。

それに、何だかんだで助けてもらったので御礼も言う律ちゃん。

しかし……それはそれとして。

120203-9.jpg

竹刀でスパーン!!!

左上の竹刀持った状況の、こいこいがステキ。シロさんが喜びそうだ。
「ホントズルイ」と思う気持ちは分かりますが……行くなよ宇佐くん(笑)


ここで新キャラ紹介。

千夏ちゃん

120203-10.jpg

いつも平常運転のシロさん。全くぶれないので好きですね〜。

純性Mのシロさん&小学生Sの千夏ちゃんのペアは凄く良かったです♪
2話だけの登場だったけど、良いキャラだったなー。
毒舌は、おばちゃん&律ちゃんの2人もいる。
だけど、この2人はSキャラではなく、さらっと毒舌が出る感じで、
一方の千夏ちゃんはシロさんと組み合わせるとイキイキする完全なSキャラ。

あんまり頻繁に出てくるもの違うと思うけど、
また3巻に登場してほしいキャラですねー。シロさんが活きる!



山本(北条)& 西園寺(黒川)

120203-11.jpg

宇佐くんが行くことになったバイト先の従業員2人。

うーん……ちょっと……個人的にはまだ2人とも好きになれないかな?

あまりにも狙った感のあるキャラの濃さがあって、何か不自然なんですよねー。
河合荘メンバーとかもハチャメチャなキャラ設定だったりするけど、
どこかそこには自然さがあって、そのやりとりが好きで面白いんですけど、
なんかこの2人は違う感じがするんですよねー。

まだ、少ししか登場していないし、
キャラに焦点を当てるお話も出てきてないからだからかもだけど、
この2人については、もうちょっと何とかしてほしいかなぁ。



そんな2人がいる、宇佐くんのバイト先「書生カフェ」

そこに行くことになった河合荘メンバー。

本も好きだし、宇佐くんの書生すがたの……ガワだけ大好きな律ちゃんも行くことに。

120203-12.jpg

これを書きたいから書生カフェなんて出したのか、宮原先生は?(笑)

彩花さんのおっしゃるとおり……似合いすぎますねー。
宇佐くんの書生姿もさまになってましたが、これは別格な感じでした。


一方、バイト中の宇佐くんは、
昔の知り合いのいるグループのお世話?をしていて、
いろいろネタにされているというか、悪口っぽく言われて悲しい状況に。

そこに登場の律ちゃん!

120203-14.jpg

たまに、突発的にこういう面を出してきますね。かっこいいぜ!

120203-15.jpg

結局、恥ずかしくなって逃げ出すんですけど(笑)

宇佐くんは、今回の一件で、律ちゃん先輩に対して明確に好きと言う感情を持って、
何だかんだで律ちゃんも宇佐くんを気にしてる感じになってきましたねー。

2巻は本当に上のようなところを深める内容だったなぁ。
3巻は宇佐くん&律ちゃんの関係をすこし進める話になってきそーな予感。



ストーリー漫画に慣れてきた?のか分からないけど、
1巻の時に少し気になっていた絵とか構図が2巻は気にならなかったかなぁ。
単純に1巻を何度も読みすぎていて、慣れていたというのもあったかもですが、
やっぱり書いていく中で徐々に上手くなってる気がするので、今後は更に期待です。


ストーリー的には、もう少し河合荘メンバーを深めて欲しかった気はします。
それぞれいい味は出してるし、設定は固まっている感じなのは良いのですけどね。


千夏ちゃん登場くらいは全然良かったんですけど、
話題になる新しい場所としてバイトが出てきたり、そこに新キャラ出たりは、
もう少し固定メンバーのキャラが深まってからのが良かったかなぁ、とは思いました。


あと1巻の感想を書いた時にも書いたような記憶はありますが、
ほとんどの話のオチが宇佐くん&律ちゃんの絡みなのが「うーむ」という感じ。
千夏ちゃん回だけは違いましたけど、他はほぼ宇佐くん&律ちゃんオチでしたし。
2人のやりとりは好きなんですけど、あまりに多いのは気になっちゃいますねー。


まぁ、なんだかんだ書きましたが……凄く好きなマンガです♪
律ちゃん補正が50%くらいかかってる気もしますが。

3巻まで読んで更に気に入ったら、左のお気に入りに追加しようかな
ぴかぴか(新しい)



ジャイアントキリングは閑話漫画が意外と面白い

110501-3.jpg

そんな緑川さんが好きです(笑)



単行本のおまけページは、今やどの漫画でもあって、
それが単行本を買う魅力にもなってますが、
ジャイアントキリングのおまけページはシンプルだけど凄く好きですぴかぴか(新しい)

話と話の間の白紙ページに、上みたいな1枚絵が描かれていて、
それが良い感じでストーリーを補完するような関係になってるんです。

ワンピースのSBSとか、ベイビーステップの四コマ漫画もいいけれど、
ジャイアントキリングのおまけページは、
シンプルだけれども、それらに並ぶくらい楽しみなんですよね〜。


さらっと見ただけですが……その一部を紹介!


110503-3.jpg

110503-4.jpg

110503-5.jpg

110503-2.jpg

110503-1.jpg

GIANT KILLING 19巻

110501-7.jpg 【題名】GIANT KILLING 19巻
 【出版】モーニングKC講談社


 ストーリー的にはvs神戸戦が終わって、
 ついにサックラ―こと佐倉監督率いる山形と、
 アウェー戦で戦い始めた導入部分のお話。

 モーニングではこのvs山形戦が、
 かなーり大詰めを迎えているところだから、
 良いタイミングで出てくれて嬉しいですぴかぴか(新しい)







緑川の怪我で自分を責めていた椿が復活して、
清川の同点ゴールによって神戸戦が同点で終わり、
翌日、緑川の怪我の結果が判明。

110501-1.jpg

全治3ヵ月。

本編でも語られてるけどキーパーは特殊なポジション。
怪我で戦列を離れてる時に若手が活躍して、
そこから試合に出られなくなるなんて話は良くあります。

怪我とは違うけど分かりやすいのが昨年の日本代表。
楢崎がレギュラーだったけど、川島が1試合で大活躍をしてから、
ワールドカップ本戦も結局ずっと川島になりました。

110501-2.jpg

だけど、まさにこの心意気がキーパーを支えてるんだろうなぁ……。

緑川さん、かっちょいいです。

小学生の時にサッカー部でキーパーやってたから、
試合を見るときもついついキーパーに注目しちゃったり、
こういう漫画を見るときも気になるんですよね。

まぁ……小学生の時なのでプロと比べるのもおこがましいですが(笑)




緑川が怪我をしてしまったというハプニングがあったり、
神戸戦で累積4枚目のイエローカードを椿がもらっちゃったりで、
前半戦に全て出場していた二人が欠けた状況で山形と戦うことに。

110501-4.jpg

オールスターの時の佐倉監督とついに戦う日が……。

今回はまさに監督同士の戦いが白熱しそう!!

久しぶりに監督同士の戦いに火花が散りそうなので、
vs山形戦はかなーり楽しみな一戦なんですよね♪

110501-5.jpg

堅守速攻型の山形に対して……。

110501-6.jpg

試合開始早々から攻めまくるETU……。

この後の試合展開はどうなるのか!?




実は、モーニングを立ち読みしだしたのが先々週くらいからなので、
20巻の話はまだ読んでない状態なんですよね。

すっぽり抜けてしまうけれども上にも書いたように、
モーニングの連載している方は、まさに終盤あとわずかと言う感じなので、
次の話がめちゃくちゃ気になります……楽しみですぴかぴか(新しい)




ジャイアントキリング18巻

まだ18巻を読んでいない方にはネタバレになるので注意!

ジャイアントキリング18巻

ジャイアントキリング 公式サイト


そういえば、アジアカップも盛り上がってきました!

一昨日のカタール戦はドキドキの展開でしたね。
カタール寄りのレフェリーが非常に気になったけど、
一人少ない人数の中で逆転したのは素晴らしかった。

細かい所の反省は必要な試合内容だったけど、
トーナメント戦は勝つことが重要ですからねぴかぴか(新しい)




さて、一方のジャイアントキリング。

vs札幌の続きからスタートの18巻。

110123-2.jpg

ライバルや周りの選手が上手くなることを恐れるな、むしろ歓迎しろ

まさに正論だけど、なかなか本気でそう思えないのが現実。
だけど、しっかりと選手たちに自分の考えを浸透させて、
全体のモチベーションを上げつつ、一人一人をポジティブにさせる。

合宿のときに選手全員と個人面談をしたとはいえ、
本当は非常に難しいことだろうけども、
半年間の実績や信頼からか、達海の言うことを信じる選手たち。

vs札幌戦は、本当にこのよい所が出たのか、
先取点を入れられてからの逆転3得点での勝利に終わりました。


こういった痛快な試合展開がいいですよね〜。

良い時があったり、悪い時があったりしつつ、
でも、なんだかんだで着実に強くなってるぞETU!!




一方で、サポーター側には1つの動きが。

110123-3.jpg

子供応援団?

表紙にもなってるけど、サポーター側のイザコザは、
どんな感じになっていくのでしょーか?
19巻の予告ページにも少し乗ってて気になるところ。




後半戦第二試合vs神戸戦

110123-4.jpg

途中から雨が降り出し、試合も荒れた展開に。

110123-5.jpg

椿のちょっとした迷いから先取点を決められて、
さらに緑川が後半から負傷交代することに。


全試合フル出場をしていた緑川の交代を、
自分自身の責任だと感じる椿は、気の迷いからミスを連発してしまいます。
そんな椿の考えを見通したキャプテン・村越。


緑川さんの負傷にショックでも受けてゲームに集中できねぇか?

テメェのこの舞台に欠ける気持ちはその程度のもんなのか?椿


110123-6.jpg

辛いのは皆同じだ、お前だけが抱えてるわけじゃない

お前が試合に出続けられてんのは、
お前が一丁前に監督やチームから認められた選手だからなんじゃねぇのか



なんだかんだで、椿と村越っていいコンビですね。
前にも同じようなシーンがあったような。


奮起した椿が、これからどう試合に絡んでくるか!

気になる19巻はまた数か月先。

2月までは、いろいろ新刊がでる漫画が多いからいいけど、
何にもないような時だと、この数か月が長く感じるなぁ……。





ジャイアントキリング17巻 キャンプ終了&後半戦スタートの巻!

ジャイアントキリング17巻

アニメ化して絶好調のジャイアントキリングの最新刊、
キャンプ&後半戦スタートの17巻が発売しましたぴかぴか(新しい)


ジャイアントキリング17巻

一風変わったキャンプの練習試合が進んで、
新しい補強選手も登場してきました!

ガブリエル・ぺレイラ
ガブリエル・ぺレイラ(ブラジル19歳)

殿山充
殿山充(福岡から移籍)

それぞれキャラたってるなー。
殿山の雰囲気イイな〜、影うすくても仕事ができる感じ!
若干、黒子のバスケの黒子とかぶるけど……(笑)

ポジションはどこだろ……?
紅白戦に出てる姿とかはあったけど公式戦は出てないから、
これからどんな感じでETUに絡んでいくのか、
また新しい楽しみができたなぁぴかぴか(新しい)


ジャイアントキリング17巻

そんな後半戦の初戦はvs札幌!

なんだか選手に自信がついてきてるのか、
試合中でも落ち着いてる様子が出てきてる。

前半戦は問題抱えつつが多かったから、
後半戦は気持ちよく勝つ姿とかを、
多く見ていけると面白いんだけどな〜。

まぁ、あんまりサクセスストーリーになっても、
つまらんくなっちゃうからボチボチくらいがいいか(笑)


ジャイアントキリング17巻

スタメンが大幅に変えてきた意図は?
観客席にいるメンバーのカードの意味は?


18巻も楽しみになってくるなぁ〜exclamation

雑誌で読んでないから、また数か月……あぁあせあせ(飛び散る汗)


▼公式サイト
 モーニング公式サイト「GIANT KILLING」
 NHKアニメワールド ジャイアントキリング


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。